自分で害獣駆除を行う際、気をつけたい点

img-1

床下や天井裏に棲みついたり、庭を荒らしたり、ゴミ処理場の袋を食い破ったりと、郊外、都心を問わず被害が増え続けている害獣ですが、それらを駆除する際に気をつけたい点があります。



それは、ハクビシンやイタチ、コウモリ、タヌキといった害獣駆除を行う際、いかなる被害を受けようとも行政機関の許可なくして、勝手に捕らえたり処分したりすることはできないという点です。


鳥獣保護法という法律によりこういった害獣は守られており、駆除には許可申請が必要となります。



もちろん、罠の設置などもこれら手続きなしに行うことができません。



但し、例外としてクマネズミ、ドブネズミ、ハツカネズミといったネズミは保護対象に入っていません。



また、個人で手続きを行わずに、害獣駆除を行う方法もあります。



市販の忌避剤を用いて、彼らに直接危害を与えず追い払うという方法です。



侵入経路であろう箇所や、生息していると思われる箇所に、獣の嫌う匂いや薬剤を撒いてよりつかないようにすることであれば、行政機関の許可は必要ありません。



例えば、ハクビシンはニンニクや油の匂いを嫌います。



また、コウモリに関しては、夕方から夜間にかけて群れて活動を始めるため、その時間帯を狙うといった、各々の習性や特徴にあった害獣駆除方法を効果的に行うことで捕獲せずとも駆除が可能となります。
自分で害獣駆除を行ってもなかなか効果が見られない場合、駆除業者や行政機関に頼るという方法もありますので、困った際にはこちらに依頼するのも良いでしょう。

関連リンク

img-2
自分で害獣駆除を行う際、気をつけたい点

床下や天井裏に棲みついたり、庭を荒らしたり、ゴミ処理場の袋を食い破ったりと、郊外、都心を問わず被害が増え続けている害獣ですが、それらを駆除する際に気をつけたい点があります。それは、ハクビシンやイタチ、コウモリ、タヌキといった害獣駆除を行う際、いかなる被害を受けようとも行政機関の許可なくして、勝手に捕らえたり処分したりすることはできないという点です。...

more
img-2
不動産投資に参入する前にセミナーで勉強するべき

投資には様々なものがあり、株式投資や外貨投資など多くの種類があります。その一つに不動産投資があります。...

more
top