iphone7からどう変わる?iphone7s

iphone7sは、画面サイズが5.8インチになると言われています。

しかし、本体のギリギリまでディスプレイとするため、本体サイズは従来のiphone7と変わらないと予想されています。
ディスプレイとしては、有機ELが採用される予定で、さらなる高画質になります。
有機ELの場合は曲面でも対応可能なのでデザインに影響してくるかもしれません。

iphone7sの欲しい情報が手に入りました。

iphone7sではCPUパフォーマンスも向上するといわれていて、ゲームアプリを行ったとしても、落ちる心配も無く快適な動作が行えるようになります。

OKWaveに関するお悩み解決にはこちらです。

また、iphone7sでは、防水防塵の強化が行われ、日本工業規格・国際電気標準会議にて定める7級の防水性能となるため、水に水没させてから30分程度は耐えられる防水性能となります。

入浴中のスマホ操作だけではなく、プールや海水浴などでも使えるようになる可能性があります。iphone7sの本体がガラスになる可能性もあります。これは、奧だけ充電に対応しやすくするためと言われています。


カラーバリエーションとしては、これまでなかった「レッド」が新しくラインナップに加わる事となります。
従来のiphoneのリリース状況を考慮すると、iphone7sの販売時期は2017年の9月20日前後となることが予想されいます。
有機ELの採用など高額な部品を採用するため、機能がアップして良いことばかりですが、唯一のデメリットとしては実際の販売価格は10万円を超えるのではないかとも予想されています。