iphone7sでは有機ELディスプレイを採用か

これまでのiphoneシリーズでは、IPS液晶につづき、独自開発のRatinaディスプレイを採用し、その豊かな色表現による映像の美しさはもちろんのこと、耐衝撃性に優れた堅牢性にも定評がありました。


一方、次期モデルのiphone7sでは、有機ELディスプレイが採用されるのではないかと言われています。

iphone7sが、従来通りの4.7インチモデルと、モデルナンバーにPlusの付いた5.5インチモデルのふたつがリリースされるとするならば、デバイスのサイズにこれまで同様の制限があり、搭載できるバッテリーの容量は、自ずと決まっていきます。


その中で、昨今求められる、高度な演算を快適に処理するために、電力を消費しながらチップセットを高クロックで動作させるシーンや、長時間駆動を実現するためには、デバイス全体の総合的な省電力化が必要になります。

iphone7sの予約に関する情報が幅広く集まります。

次期チップセットのA11では、プロセスルールの変更により、前モデルのA10と比較して、高クロックを保持しながらも、大幅な消費電力の低下と、低発熱を実現しますが、いくら優秀なチップセットと言えども、それだけでは不十分で、他のパーツについても省電力化が必要となります。

Girls Channel関する情報選びといえばこちらのサイトです。

iphone7sで予想されている有機ELディスプレイの採用は、従来形式のディスプレイと比較して、より薄く、軽くなっただけではなく、圧倒的に低消費電力で済むため、デバイス全体の省電力化に大きく寄与します。